Fishermans archive

記事一覧

ラボ(研究室)

チキチキシンカーの奥深い可能性

2015/1/27

20150126_008
ゲーリーヤマモトさんから、チキチキシンカーというアイテムが発売されました。
先日、発売が開始されたばかりの1/2オンスのモデルが手に入ったので、実際にフィールドで使う前に特徴などを把握しようということでスイミングテストも含めて、いろいろとさわってみました。

いわゆるブレードベイト・チャターベイトといわれるルアーの先頭部分を取り出したといった感じですが、通常のチャターベイトの頭部分と違いブレード(水を受ける板上の箇所)とシンカー本体を接続している箇所のワイヤーが非常に大きく取られているため、可動域が広そうです。
また、ブレードの形状が、他のこれまでのオーソドックスなブレードとは違った丸型の形状となっていて、やや大きめの印象です。ただし、今回、入手したのが1/2オンスのモデルなので、重さによってサイズが違ってくるのかもしれませんね。
シンカーにはフックなどを取りつけるために、縦型にワイヤーのループがあり、そこにスプリットリングが取り付けられ、さらにスナップがつけられています。
そのため、フックをセットする場合には一般的な横アイのフックはそのままとりつけられますが、縦アイのフックの場合、スナップを取り外しスプリットリングへ直付けする必要があります。
今回は、オフセットフックのほか、ラバージグ(ワンナップ魂0.9g:Karil サワムラ製)や、小ぶりなシングルフックなどと合わせてみました。
オフセットフックと一緒に
20150126_005
ラバージグ(ワンナップ魂)と一緒に
20150126_004
シングルフックと一緒に
20150126_003
オフィシャルサイト等で説明されている使い方としては、通常のチャターベイトとしてはもちろん、リーダーを付けてキャロライナリグやティーザーとしても使えるとのことですが、じつはもっと色々な使い方ができるのではないかという創造性をかき立てられるアイテムのような気がします。
巻き取ることで強制的にアクションを加えることができるというのは、持っているとテクニックの引き出しが増えることを意味するように感じます。

チャターベイトの特性として、巻いて引いてくることで、ブレードが水抵抗を受け、ルアーが激しく振動し、ブレード自体も金属の場合、独特の金属がこすれ合う音が発生します。それでいて、通常のジグのようにも使う事ができるため、必要に応じてシャクったり止めたりすることで、通常のジグのよりも強く水中でアピールすることができます。
チキチキシンカーの場合、これに加えて、トレーラーにするものを色々に変更させることができるため、バスフィッシングだけでなく、沖釣りのひとつテンヤや、シーバスフィッシングでメタルバイブレーションを使うような状況下だったり、場合によってはサーフでのチョイ投げのキス釣りのオモリの代わりにしたり、ルアーでのヒラメ釣りのバリエーションのひとつとしても有効になる場合もあるように思います。

今回、収録したスイミングテスト動画では、オフセットフックを使用しリングマックスバス3.6インチ(ノリーズ)を使ってテストしてみました。しかしながら、実際にもっと早く巻いた速度での泳ぎと比較すると、わかりづらく見える場合があるため、再度の収録を予定しておりますので、参考程度にご覧ください。
参考リンク

ゲーリーインターナショナル
ベイト&タックル キャリル
ノリーズ

コメントは受け付けていません。

© Fishermans archive.